左官の歴史を知ろう|人造研ぎ出し、洗い出しなど神奈川の左官工事なら有限会社今城左官

左官の歴史を知ろう

ご自宅をより素敵な環境に近づける為に、左官工事見積もり依頼を検討している方はいらっしゃると思います。そんな左官工事はとても歴史が古いものです。こちらでは、左官の歴史についてご紹介しておりますので、左官について理解を深める際の役に立ててみてください。

左官工事のはじまり

歴史といっても諸説ありますが、縄文時代までさかのぼるといわれております。壁の材料となる土は、当時手に入れやすい素材だったそうです。その土を団子状に丸めた物を積み上げて土塀を作ったのが、始まりといわれております。その後飛鳥時代に入り、細く割った木を用いて壁の芯を作る技術や、石灰を用いて壁を白く塗り上げる技術など、技術が発展していきました。

安土・桃山時代では

この時代では、茶室の建築に色土を用いたといわれております。色土とは、色のついた左官仕上げ用の土を指します。また、土の色をコントロールする以外にも、繊維や砂を混ぜることで、色々な表現が可能になったといわれております。

江戸時代から現代へ

江戸時代では、漆喰仕上げと呼ばれる工法が登場します。漆喰で壁全体を覆うこの工法によって建物の耐火性が向上し、デザイン的にも美しいものとなりました。その後、商人の土蔵などに普及をしていきます。

また、漆喰彫刻と呼ばれる装飾的施工も行われるようになり、左官技術は芸術性においても発展を遂げます。文明開化によって洋風建築の装飾にも対応することが可能となり、現在でも左官技術は、新しい工法や素材を取り入れております。

歴史を知ることで、左官工事が昔から人々の生活に役立ってきたということが分かるのではないでしょうか。そんな左官工事を検討しているのであれば、先代の頃から左官に携わっている今城左官に工事の見積もりをご相談ください。

今城左官は神奈川にあり、藤沢市茅ヶ崎市鎌倉市平塚市などを対応地域として活動しております。サイトには大磯の家など、施工事例を掲載しておりますので参考として閲覧してみてください。見積もり依頼に関するお問い合わせや、質問などがございましたらお問い合わせください。


ページトップに戻る