塗り壁の種類|人造研ぎ出し、洗い出しなど神奈川の左官工事なら有限会社今城左官

塗り壁の種類

リフォームの際、雰囲気を変えたいと考えている方の中には、塗り壁工事を検討している方もいらっしゃると思います。ひとことで塗り壁工事と言っても様々な種類の塗り壁があります。後悔しないためにもどういった種類があるのか知っておくことが大切です。こちらでは、塗り壁の種類についてご紹介致します。

土壁

土壁は日本建築における伝統的な壁の1つで、土を用いて作られる左官仕上げの壁を指す総称です。他に左官壁や塗り壁とも言われています。また、京都に数多くの色土が産出するので、京壁というふうにも言われております。上塗りの土の種類によって、珪藻土壁・聚楽壁と分けられます。日本の気候や風土にも適している壁です。

砂壁

名前通り砂で仕上げられた塗り壁を言います。砂壁は滑らかな美しさが特徴に挙げられ、客間や茶室など、風情重視の場所に使われることが多くあります。また、和室だけではなく、洋室にピッタリのタイプもございます。砂壁に使われる砂は粒子が均一で異物の混入があまりない川砂が良いとされています。

プラスター壁

鉱物質の粉末と水を練り合わせたプラスター(石灰または石膏)を用いた壁です。石膏プラスターとドロマイトプラスターがあります。輝くような白さが特徴的な壁で、西洋漆喰と呼ばれることもあります。今では、繊維質や化成のりを混ぜたものが数多く輸入されるようになりました。

塗り壁の種類が異なれば、空間の雰囲気も大きく異なります。リフォームやマイホーム建築を予定されている方は塗り壁も視野に入れてみてください。塗り壁工事を行う時、塗り壁の種類を決めておくことも大事なことですが、どこに頼むのかも仕上がり後の満足度に大きく関わってきます。
評判の良いところをお探しのみなさん、神奈川県にある今城左官へお任せください。高い技術を持った熟練の職人による丁寧な施工をご提供致します。費用などのご相談も受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。


ページトップに戻る