左官工事 | 人造研ぎ出し、洗い出しなど神奈川の左官工事なら有限会社今城左官

左官工事

左官工事plaster work

左官工事とは

左官(しゃかん)は、土壁や砂壁、漆喰仕上げなどを仕上げる職人で、左官工事とは左官職が行う塗り工事のことです。モルタル塗り、プラスター塗りなども左官が行います。

左官による仕上げは他の工法と比べて割高かもしれませんが、長持ちするためランニングコストの点では大変お得です。また、基本的に自然素材による工法ですので、アレルギーの心配などもありません。

近年では左官職人が少なくなり、また、他の安い素材や工法に押される形で、左官工事は減少の傾向にあります。
しかし、住む人の健康や環境への配慮の観点から、自然素材による昔ながらの工法が見直され始めてもいるのです。


漆喰

漆喰は左官材ともいわれ、代表的な塗り壁の材料です。 消石灰を主原料に、海藻糊などの膠着材やひび割れ防止の麻などの繊維質を加えて練り上げます。

漆喰に高い防火性能と調湿機能があり、日本では古くから財産を守る土蔵などに使用されてきました。

漆喰の工事は、確かに工期が長く、費用もかかります。
しかし、漆喰は自然素材で人と環境にやさしい建築材です。さらに、吸湿・放湿の性能は、四季の変化に富んだ日本の風土に合っています。
そのほか、生活臭を吸着したり、遮音性・遮光性もある、大変優れた建材です。


珪藻土

珪藻土は、近年注目を集めている内外装の壁材です。
珪藻土とは、太古の植物プランクトン(珪藻)が堆積してできたものです。

珪藻土には粒子の中に無数の孔質(空気層)を含み、それにより優れた調湿性・吸水性を持っています。この調湿性能により、結露を防ぎ、カビ・ダニなどの発生を抑制します。
また、珪藻土は耐火性能に優れ、昔から火に強い素材としてレンガや七厘などに使用されてきました。
そのほか、有害な化学物質やタバコ・ペットなどのにおいを吸着する機能もあります。



ページトップに戻る