人造研ぎ出し、洗い出しなど神奈川の左官工事なら有限会社今城左官

新着情報

コンクリート打ちっぱなしとはどういう状態?


コンクリート打ちっぱなしの建物は、そう多くはないものの、見かけることがありますよね。


オシャレでスタイリッシュなスタイルの建物というイメージが強いコンクリート打ちっぱなしの建物は、どのように作られているのかというと、建物の構造や躯体を最大限に生かして仕上げる建築方法のことで、本来なら外壁などで隠してしまうものを、専用の構造を用いることで可能にすることができるのです。


コンクリート打ちっぱなしにできる構造は、RC構造または、SRC構造を用いて建築される建物に適用される仕上げの方法で、これらの構造では、鉄筋を組み型枠にコンクリートを流し込んで作ることを基本とするため、鉄骨やコンクリートが基本の材料となり、その構造をそのままの状態に残しているのがコンクリート打ちっぱなしとして完成するのです。


もちろん、快適に住むことができるように、業者によっては断熱材を中に入れたり、外壁には耐水性を高めるための撥水剤などの塗布が行われるなど、建物の立地条件や利用する方の状況に合わせて適切に補助的な施工を加えていくので、安心して快適に過ごすことができるようになります。


有限会社 今庄左官では、コンクリート打ちっぱなしの建物も多く施工しているので、確かな知識と高い技術によって施工を行っているので安心してお任せすることができますので、ぜひお問い合わせください。


 


お問い合わせはこちらから


2021-09-20

09月のおすすめ記事


ページトップに戻る